安心・安全・スピード対応でお客様にご提供いたします!

大阪市内圧倒的価格でご提供!
畳表替え【2,000円】!
襖(ふすま)・障子・網戸の張替え【1,400円】!

ビックリの激安価格でお届けしています。
畳張替えなどのお見積やご相談にも、スピーディーにお応えします。
製造直売・大量仕入れ・自社施工により、費用のムダは一切なし!
配達料込み、家具の移動も【無料】。万全のアフターケアを実践します。

無料お見積り・お問合せはこちらへ!
あおば畳店 受付時間:8:00〜20:00 畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ

畳表替え・襖張替え・障子張替え・網戸張替え・各種新調お任せ下さい!


畳張替え 襖張替え
障子張替え 網戸張替え
激安・圧倒的価格でご提供!
畳表替え 2,000円(税込2,160円)
襖張替え 1,400円(税込1,512円) 
障子張替え 1,400円(税込1,512円)
網戸張替え 1,400円(税込1,512円)

大阪市内施工エリア内迅速に対応致します!!

大阪市内施工地域一覧(畳表替え・ふすま・障子・網戸張替えお取り扱いエリア)
どの地域でも迅速に対応いたします。

大阪市内施工エリア 大阪市都島区・大阪市福島区・大阪市此花区・大阪市西区・大阪市港区・大阪市大正区・大阪市天王寺区・大阪市浪速区・大阪市西淀川区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市生野区・大阪市旭区・大阪市城東区・大阪市阿倍野区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市西成区・大阪市淀川区・大阪市鶴見区・大阪市住之江区・大阪市平野区・大阪市北区・大阪市中央区

お問合せを頂いてからの流れ

まずはお気軽にお電話ください!

畳張替えなどのお問合せ
   畳表替えなど、ご希望の施工内容をお知らせください。例)畳6枚・襖2枚など。

   お見積りの受付は、畳の場合4畳半から、襖・障子・網戸の場合2枚以上から承っております。
 畳張替えなど無料お見積り

ご相談に丁寧にお答え
   詳しいお問い合わせやご相談に丁寧にお答えします。この時に訪問日をお決めください。

畳張替え・ふすま張替え・障子張替え、又は畳新調などお気軽にご相談
 畳・襖などのサンプルをお持ちし、ご希望の商品をお選びいただきます。採寸し現在の状況を拝見します。
   畳表替え・ふすま張替え・障子張替え、又は畳新調などお気軽にご相談ください。
お見積り
   ご希望に見合わない場合はもちろんキャンセルしてOKです。

畳張替えなどの施工日程とご契約
   この時に畳表替えなどの施工日程などを施主様とご相談致します。

お引き取り施工
   畳・襖などは一度工場に持ち帰り、ご希望の日程に納品致します。

畳の納品
   必ず、お客様立会いのもと納品させて頂きます。傷などがないかもこの時に確認して頂きます。

畳張替えなどのお支払
       現金でのお支払いが可能です。

まずはお気軽にお電話ください!

畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ 

大阪市のあれこれ

畳の張り替え専門の業者を利用して畳の良さを実感しましょう

畳は古くから日本で使用されてきた床材です。畳が誕生したばかりの頃は、限られた高貴な身分の人だけしか使用することができなかったらしいですが、江戸時代中頃から一般庶民の家でも使用されるようになったそうです。
しかし、第二次世界大戦後、和風建築の民家が減少したために、畳の部屋がある家の数がグッと少なくなってしまいました。日本人は割と新し物好きな面がありますので、戦後に欧米から流入してきた洋風建築の住宅に心を奪われてしまう人が多かったのです。
しかし、洋風建築の家はそもそも室内でも靴を履いていることが前提とされている家です。そのため、床材が木や石になっているのです。家の中でも靴を履いて過ごすのであれば、確かにその方が都合がよいに決まっています。
ですが、日本人は家へ帰ると玄関で靴を脱ぎます。フローリングの床は冷たいので、素足では冷えすぎてしまうおそれがあり、スリッパなどを履かざるをえなくなります。でも、床が畳であれば、スリッパなど履く必要はありません。
畳の場合、素足で歩いてもさほど冷たさを感じませんし、足の裏にあたる感触にも優しさがあります。また、畳であれば、気軽に座ったり寝転がったりすることができます。近年、畳の良さが再認識されていますので、興味がある人は畳や障子、襖の張り替え専門の業者に相談してみるとよいでしょう。

襖の張り替えの専門家と作る、新しい襖の姿

「襖」という言葉からは、和室に存在している、という事がイメージされるでしょう。しかし、今は畳の部屋でなくても、襖の壁紙の色や柄を変えるだけで、部屋と調和をとることができます。襖は和室にしか似合わない古い物、と言う考えこそがもう古いものです。
襖の壁紙を変えたくても、その作業を自力でやるのは難しいものです。枠の中に壁紙を収め、皺や破れが無いように張り替えるのは、時間もかかりますし、綺麗にできるという保証もありません。そのような時は、襖や障子の張り替え専門の業者に頼んでみるのが一つの手です。
張り替え専門の業者に頼む利点の一つは、色々な壁紙のサンプルを持っている、ということです。伝統的な和紙だけでなく、フローリングの部屋に似合うような、色、デザインの壁紙も豊富です。自分の希望に合った品を選ぶことができるでしょう。
もう一つの利点は、プロによる作業です。襖の骨組みや壁紙によって、張り方が変わってきますが、一番適した方法で丁寧に作業を行ってくれます。それだけでなく、素早く効率的な仕事を行ってくれるので、時間も取りません。
綺麗に張り替えられた襖の壁紙は、そのデザインもさることながら、部屋の印象をより良いものへと変えてくれます。部屋の雰囲気を大きく変えることができる襖を、時には専門の人の手も借りながら、理想のものにしてみてください。

障子が部屋に与える印象と、障子の張替えの必要性

ピシッと美しく張られた純白の障子は、それだけでその部屋を美しく見せます。逆に、どれほど清潔にしていても、高価な調度品を数多く置いていても、障子が破れていればその部屋は、不衛生でみすぼらしく見えてしまいます。
このように障子は、単なる建具ではなく、部屋の美しさを左右する、インテリアとしても非常に重要なものなのです。そのため大きく破れた場合には、障子や襖の張り替え専門の業者に張り替えを依頼して、全体的に新しくしてもらうことをオススメします。
破れた部分がごくわずかで、それによるたるみが生じていない場合には、小さな障子紙をカットして破れた部分に糊付けすることで、穴を塞ぐことができます。しかし穴が大きかったり複数あったりした場合には、つぎはぎだらけの障子になってしまいます。
それでは結局、見た目を良くすることはできませんし、かえってみすぼらしさを強調してしまうこともあります。また、たるみが生じている場合には、小さな障子紙では直すことができません。風が吹くたびに揺れたりカサカサと物音を立てたりするので、やはり部屋の印象を悪くします。
そのためそのような状態になった障子は、障子や襖の張り替え専門の業者にいったん全部はがしてもらい、新しい障子紙を張ってもらうことが一番なのです。それにより部屋の印象は、一気に良くなります。また、土台のメンテナンスも一緒にしてくれる業者が多いので、以後の開閉もしやすくなり、一石二鳥です。

畳の手入れと畳の張替えの時期についての紹介

一戸建てやマンションで和室がある部屋の場合は、床に畳が敷かれていることが多いです。常に良い状態で使用するために定期的な交換や張り替えが必要となります。そこで畳や襖、障子の張り替え専門の業者に交換や張り替えを依頼するメリットについて述べていきます。
一般的に畳は1〜2年程度すると表面が汚れや日焼けなどで傷ついてくる時期であり、表裏をひっくり返して張り替えを行います。これを裏返しと呼び、畳の張り替え専門の業者に依頼することでより美しい仕上がりとなるメリットがあります。
2つ目の張り替えとして、畳床は変えないで表の部分だけを新しく取り換える方法があります。この方法を畳の表替えといい、4〜7年前後が張り替え時に適している時期となっています。この畳の種類については張り替えの業者によって色々ありますので、張り替えの際に選択することも可能になっています。
3つ目に大きな汚れや弾力などが無くなってきた場合に、畳自体を新しいものに取り換える方法があります。畳の新調といいますが、10〜20年が変え時となっています。また畳の色についても、部屋の雰囲気に合うような色合いの物が複数あります。
上記で畳の状態によって、畳の張り替え専門の業者に畳の交換や張り替えの依頼をすると良い時期について説明をしました。ですが上記の時期でなくても、カビ臭かったり色が緑から茶色に変色してしまった場合も、畳の交換や張り替えを依頼した方が良いです。

襖の張り替えの注意点と襖を張り替えるメリットとは

襖は、日本古来の間仕切りです。もともとは、寝所の間仕切りとして使用されていました。移動させるだけで部屋を仕切ることができるので、しだいに寝所以外でも使われ始めました。ドアよりも開閉に場所を取らなくて、壁よりも圧迫感がありません。
襖は、木の枠組みに襖紙という紙を貼って使用します。その紙には、いろいろな素材や絵柄があります。価格においても、廉価な品物から高級品まで幅広く販売されています。しかし、あくまで紙であるため経年による変色や汚損・破損は免れません。
襖は、変色や破損・汚損をした場合には張り替える必要があります。張り替えは、襖や障子の張り替え専門の業者に依頼したほうがきれいに仕上がります。最近では、自身で張り替える人もいるようですが、空気が入って波打ってしまうことが多々あります。
襖の張り替え依頼の価格は決して高くはありません。襖を使用する住宅が減少しているゆえ、業者間の価格競争が激化しているので手ごろな価格に落ち着いています。襖の張り替えには、コツが必要です。よって、プロによる熟練された技術が必要になります。
最近の業者は、襖の張り替え以外にもライフスタイルに合わせた襖紙の提案も行っています。小さな子供がいる家庭では、子どもが襖を破っても惜しくないように廉価な品物を提案しています。逆に、落ち着いた生活を送っている家庭にはそれなりに良質な襖紙を提案しています。

障子の張り替えを依頼し、障子を通して部屋に明るさを取り入れる

優しい光を部屋に射し込む障子は、日本古来の伝統文化として、その役割も豊富にありました。お部屋と廊下の仕切りをし、お部屋に適度な光をはこび、障子紙を通してお部屋の空気を循環し、天然の換気扇の役割も果たしていました。
四季の変化に富んだ日本で長く利用されてきた障子の歴史は、古くは平安時代にまで遡ります。今ほどの照明器具が発達していなかった時代、室内の人影を映し出す光景を思い浮かべると、昔から風流な趣をもっていたことが伺い知れます。
一口に障子といっても、今ではそのデザイン、紙質も豊富な種類が揃っています。人の背丈を越える建具ですが、上から下まで紙で張り巡らされたものから、『雪見障子』の様な、途中にガラスを配置したもの、色に至るまで様々です。
障子の張り替えをお願いするといっても、その紙質も安価なものから、小さいお子さんがいても破れにくいものまで、障子や襖の張り替え専門の業者に依頼するからこそ実現できる張り替えです。高級感を味わいたい方には、手漉き和紙から作られる素材のものまでが取り揃えられています。
障子が古く平安時代より現代に至るまで利用され続けてきたのは、その機能性の高さにも理由があります。夜を迎えて照明器具の発達した現代でも、障子のある部屋は、明るさを増し、家族の団欒を見守ります。1年を通して快適な暮らしを提供してくれます。是非一度、プロに障子の張り替えを相談してみてください。

お得に襖の張り替えを行う情報です。

お得に襖の張り替えをしたい時には、キャンペーンを行っている業者に依頼をするのがオススメです。期間限定のサービスを上手く活用する事が、襖の張り替えで余計な出費を増やさないようにする為のポイントとなります。こういった有益な情報に関してはインターネットを使用すれば簡単に収集できるので、積極的に利用する事が要求されます。襖を張り替えると言てもデザインや大きさなどが違うので、専門業者に見積もり訪問をしてもらう必要があります。入念に時間をかけて相談をしてから襖の張り替えをお願いすれば、契約後に後悔をする事が皆無です。利用者からの評価が高い業者に襖の張り替えを依頼する事により、必ず満足のいく結果を得る事ができます。
こういった面を考慮して納得のいく条件で作業を担当してくれる業者を発見できたら、襖の張り替えを行う日時を決定致します。その際に疑問に感じる事があれば質問をして解決を図る事が大切であり、これがトラブルを未然に防ぐ為の秘訣です。
襖の張り替えをする時には丁寧に行うのが当たり前なので、床や柱などを傷付かずに済みます。しっかりとアフターケアもしてくれるので、利用者の方は満足をする事ができます。故に、利用者が非常に多いです。

大阪市内施工エリア内迅速に対応致します!!

大阪市内施工地域一覧(畳表替え・ふすま・障子・網戸張替えお取り扱いエリア)
どの地域でも迅速に対応いたします。

大阪市内施工エリア  大阪市都島区・大阪市福島区・大阪市此花区・大阪市西区・大阪市港区・大阪市大正区・大阪市天王寺区・大阪市浪速区・大阪市西淀川区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市生野区・大阪市旭区・大阪市城東区・大阪市阿倍野区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市西成区・大阪市淀川区・大阪市鶴見区・大阪市住之江区・大阪市平野区・大阪市北区・大阪市中央区


無料お見積り・お問合せはこちらへ!
あおば畳店 受付時間:8:00〜20:00 畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ 

畳張替えのあおば畳店
大阪市内の畳表替え2,000円、ふすま・障子・網戸の張替え1,400円!あおば畳店へ
本社所在地 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町2-2-1 畳張替えなど全国対応のあおば畳店 0120-95-2279(フリーダイヤル)
Copyright © tatami-gae.com all rights reserved.