襖紙の種類

本鳥の子

耐久年数:5〜10年
名前の由来は、紙料(パルプとサイズなどの各種の材料を調合したもの。紙にすく直前の原料。)の色合いが鶏卵の殻の淡黄色に似ていることから鳥の子と呼ばれるようになりました。
本鳥の子は使用する紙によって雁皮紙(がんぴし)を使う特号紙、雁皮+三椏(みつまた)を使う一号紙、三椏を使う二号紙、三椏とパルプをあわせた三号紙、マニラ麻とパルプの四号紙の5つのランクに分かれており、上質なものほど紙質は強くなります。
但し、下地骨、下貼りには注意が必要です。経年により独特な風合いを醸しだします。

鳥の子

耐久年数:3〜5年
素材になる紙料は本鳥の子と同様、雁皮や三椏、パルプなど様々なものがあります。
仕上がりは均質なものから手漉きに近い風合いを作り出すことも可能で、色数も豊富で好まれています。
抄紙技法や紙料によってさまざまな無地鳥の子がつくられています。

上新鳥の子

耐久年数:3〜5年
略して「上新」とも呼ばれる機械漉きの鳥の子普及品です。
後加工による模様付けなど、和紙の襖紙の中では比較的種類が豊富です。
低価格で仕上がりが均質といった特徴があります。

新鳥の子

耐久年数:2〜3年
紙は抄紙機で漉いた再生紙を使用したもので、機械生産されています。
廉価でありながら、施工性の良さが特徴です。
下地が透けるため紙裏(茶裏)が必要になります。

上級織物

耐久年数:5〜10年
ドビー織りなど縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ織物で、縦糸にレーヨン糸、意匠捻糸(スラブ糸、ネップ糸)や絹など、様々な糸を使い個性に富んでいます。
織物の中では高品質で、模様や技法に手の込んだものが多くあります。
糸の打ち込みは、縦糸は50本/インチ程度、横糸は40本/インチ程度の本数のものが多く作られています。

ふすまの歴史/畳張替えのあおば畳店
襖紙の種類/畳表替え2,000円、ふすま・障子・網戸の張替え1,400円!あおば畳店へ
本社所在地 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町2-2-1 畳張替えなど全国対応のあおば畳店 0120-95-2279(フリーダイヤル)
Copyright © tatami-gae.com all rights reserved.