横浜市都筑区内施工エリア

横浜市都筑区内施工エリア  あゆみが丘・池辺町・牛久保・牛久保町・牛久保東・牛久保西・荏田東町・荏田南町・荏田東・荏田南・大熊町・大棚西・大棚町・大丸・折本町・加賀原・勝田町・勝田南・川向町・川和台・川和町・北山田・葛が谷・佐江戸町・桜並木・新栄町・すみれが丘・高山・茅ケ崎中央・茅ケ崎町・茅ケ崎東・茅ケ崎南・中川・中川中央・仲町台・長坂・二の丸・早渕・東方町・東山田・東山田町・平台・富士見が丘・南山田・南山田町・見花山

安心・安全・スピード対応でお客様にご提供いたします!

横浜市都筑区内圧倒的価格でご提供!
畳表替え【2,000円】!
襖(ふすま)・障子・網戸の張替え【1,400円】!

ビックリの激安価格でお届けしています。
畳張替えなどのお見積やご相談にも、スピーディーにお応えします。
製造直売・大量仕入れ・自社施工により、費用のムダは一切なし!
配達料込み、家具の移動も【無料】。万全のアフターケアを実践します。

無料お見積り・お問合せはこちらへ!
あおば畳店 受付時間:8:00〜20:00 畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ

畳の表替え・襖・障子・網戸の張り替え・各種新調もお任せ下さい!


畳張替え 襖張替え
障子張替え 網戸張替え
激安・圧倒的価格でご提供!
畳表替え 2,000円(税込2,160円)
襖張替え 1,400円(税込1,512円) 
障子張替え 1,400円(税込1,512円)
網戸張替え 1,400円(税込1,512円)

お問合せを頂いてからの流れ

畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ 畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ 

横浜市都筑区のあれこれ

襖の種類と特徴について

一口に襖と言っても様々な種類に分類されます。和襖は木製の骨組みに紙を貼り付ける伝統的な手法で作られたタイプの総称です。昔からある製法で今でも襖と言えば、このタイプが主流です。和襖は張替えがし易いので長期の利用ができるというメリットがあります。この和襖にも色々なタイプが存在します。チップボールタイプは、骨組みの上に丈夫なチップボール紙を貼ったものです。下張りの代わりにチップボール紙を使うことで工程を簡略化、最近の住宅でよく使用されるタイプです。ペーパーコアタイプは骨組みの数を減らす代わりに、蜂の巣状のペーパーコアを入れて強度を上げたものです。蜂の巣状のペーパーコアは緩衝材として優秀な上に軽いのが特徴です。ただし、価格は少し高めです。量産型襖は糊付けした紙を直貼りする手法で作られます。機械での大量生産が可能なの、価格が安いというメリットも生まれます。しかし、張替えは紙の重ねづけで行うので、ムラやシミが出やすくなります。余り張替えに適した襖とは言えません。量産襖の代表的のものがダンボールタイプです。ダンボールタイプはダンボールを3〜5層重ね、その上にアルミ箔を湿気防止用に貼り付けたものです。軽く値段も安いですが、変形しやすく張替えも難しいです。

襖の補修や張替えで清潔に

襖は長年使っていると気付かない間に、どんどん不衛生なものになるので定期的なチェックや補修、張替えが必要になってきます。小さな破れや穴程度であれば、その部分だけに新しい紙を張るなどすればいいのですが、変色したり湿気を吸って襖紙がごわついたりすると、丸々一枚張替えなければなりません。そうでなければ、紙が湿気を吸い過ぎてカビを発生させることもあり、非常に人体にも悪いので早めに大勝するようにしてください。しかし中には襖紙が扱えない方や張替えの経験がない方も多く、初心者の方は材料を揃えられても失敗する可能性が高いので、思い切ってプロの襖業者に依頼するようにしましょう。その方が失敗することもなく、確実に張替えてもらえますし、見栄えも美しく仕上げてくれます。また、同時に襖の立てつけが悪い場合も張替えと一緒に見てもらえるので、そちらの方がおすすめです。あまり無理をして自力で行って失敗すると、業者に依頼するよりも高くつくこともありますし、時間も無駄にしてしまいます。最近ではハウスクリーニングでも受けてもらえるところが増えてきているので、部屋の掃除や他の製品のメンテナンスと一緒に依頼すれば一石二鳥ですよ。

障子は今なお日本には欠かせない建具です

障子は平安時代の末期に誕生したといわれており、900年近くに渡って使用され続けている日本の伝統的な建具の一つです。基本的な構造は格子状に組んだ組子を桟や竪框という枠で囲んだものに、障子紙という和紙を張り付けたものです。伝統的に用途や地域に応じて様々な種類の障子が存在しており、雪見障子のようにガラスと組み合わせるなど現代の生活に合わせて改良された障子なども存在しています。また、シンプルでありながら洗練されたデザインのため、洋間にも取り入れる場合があるなど、その活用の幅は広がっています。元々は現在の襖も含めて、間仕切りなどとして利用される建具などを総称して障子と呼んでいましたが、平安末期に現在の障子である明障子が誕生すると、襖とは独立した建具として今日まで使われ続けてきました。当時の日本建築では採光と外気の遮断という、一見して相反する機能を有する効果的な構造というのは存在しておらず、特に冬場においては活動のために採光を優先する以上、冷たい外気にさらされるという状況でした。そうした中で明障子は、扉を閉めて外気を遮断すると共に、明かりも室内に取り込めるという、当時の人々にとっては画期的な建具でした。現在ではその役目はガラス窓に譲りましたが、今なお和室には欠かせない建具として存在し続けています。

横浜市都筑区内施工エリア内迅速に対応致します!!

横浜市都筑区内施工エリア  あゆみが丘・池辺町・牛久保・牛久保町・牛久保東・牛久保西・荏田東町・荏田南町・荏田東・荏田南・大熊町・大棚西・大棚町・大丸・折本町・加賀原・勝田町・勝田南・川向町・川和台・川和町・北山田・葛が谷・佐江戸町・桜並木・新栄町・すみれが丘・高山・茅ケ崎中央・茅ケ崎町・茅ケ崎東・茅ケ崎南・中川・中川中央・仲町台・長坂・二の丸・早渕・東方町・東山田・東山田町・平台・富士見が丘・南山田・南山田町・見花山


無料お見積り・お問合せはこちらへ!
あおば畳店 受付時間:8:00〜20:00 畳の表替え、障子、襖、網戸の張り替えのお問合せ 

畳張替えのあおば畳店
横浜市都筑区での畳表替え2,000円、ふすま・障子・網戸の張替え1,400円!あおば畳店へ
本社所在地 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町2-2-1 畳張替えなど全国対応のあおば畳店 0120-95-2279(フリーダイヤル)
Copyright © tatami-gae.com all rights reserved.